スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下呂温泉の帰りに金山巨石群 岩陰遺跡

日間賀島・小下呂 056.jpg



下呂から帰る飛騨号からすごく素敵な景色が見れました。
大自然が目の前に広がっていました。

ネットで探してみると・・・
以前旅行で行ったマチュピチュやエジプトのアルシンベルを
思い出させてくれる記事が載っていました。
日本にも太陽暦のすごい産物があったのかもしれませんね。



日本のストーンヘンジ?
縄文時代に巨石日時計があったと思われる
岐阜県史跡文化財として指定されている《岩屋岩陰遺跡》という遺跡が、
岩屋ダムの直下にあります。
いくつもの縄文土器が発掘されていることから、
はるか縄文時代に人が住んでいたのではと思われます。
イギリスのストーンヘンジを彷彿させる巨石群が並んでおり、
調査を進めた結果、春分・秋分の日・夏至・冬至など、特定日に岩のすき間から太陽の光が射し込むことがわかりました。
巨石群の地磁気を調べても人為的に配置したとしか思えない結果が出ています。

●岩屋岩蔭遺跡巨石群
- 突出した石面によって冬至の頃を中心に観察でき、冬至をはさんだ119日間が読み取れる。春分・秋分の頃、測定石によって平年(365日)と閏年(366日)が読み取れる。
●線刻石のある巨石群 - 春分・秋分の頃、測定石によって平年(365日)と閏年(366日)が読み取れる。
●東の山巨石群 -
冬至の頃、山から昇る太陽が特定の石の示す線上から出現する。
といったことが分かっています。
以上から推測すると、
縄文時代に太陽暦が存在していたことになり従来の通説を覆すものであり、
現在も調査が続けられています。
遺跡のそばに太陽カレンダーシミュレータ再現館があり、より詳しい資料を見ることができます。
また予約によりJR飛騨金山駅近くの金山巨石群調査室(金山町大船渡600-8、ギャラリーオオフク内、Tel/Fax0576-34-0073)からガイド派遣も可能です。
より詳しい情報を当調査室のHPで提供しており、英語でもご紹介しています。

http://www.gero-navi.jp/spot_186.html


国内ホテルの格安予約サイト『一休.com』
スポンサーサイト

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

ぴょんぴょん1315

Author:ぴょんぴょん1315
食べる事大好き名古屋のOLブログです

カテゴリ
最新記事
お得情報
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
人気!無料!!着歌サイト!!
QRコード
QRコード
素敵空間
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。