スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィラに泊まるバリ格安旅6★ ボロブドゥール1日観光★ボロブドゥール遺跡編

197610.jpg

いよいよ・・・
<ボロブドゥール遺跡>

東南アジアの世界遺産の多くはさまざまな謎に包まれていますが、
インドネシア・ボロブドゥール寺院の遺跡は最も謎だとされて言われています。
イギリス人ラッフルズによって、ジャワ島の密林に眠る寺院が発見されたのは1814年。
多くの専門家が解明を続けていますが、ボロブドゥール寺院はどのような目的で誰が建立したのか、またどのような技術を基に建設されたのか、まったく解明されていないからです。


8世紀に造られたと考えられているボロブドゥール遺跡。
最も不思議に感じることは、寺院に内部空間がなく外観だけでで成り立っていることです。
寺院全体は一辺が約120mの基壇の上に5層の方形壇、さらにその上に3層の円形壇があり、
あわせて9層の階段ピラミッド状の石組み構造となっています。
近年では、一番下の階層は「欲界」、その上は欲望は超越したものの肉体だけはもつ
「色界」、最上層は悟りの世界を意味する「無色界」という仏教の
「三界」を表しているであろいうということだけが分かってきました。



197608.jpg


バリ 073.jpg
守り神と同じポーズです。
日本でいうと狛犬みたいなものだそうです。


バリ 102小.jpg

とても大きな遺跡です。
見るには時間がかかりますので余裕を持って行ってください。

スポンサーサイト

テーマ : バリ島
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

ぴょんぴょん1315

Author:ぴょんぴょん1315
食べる事大好き名古屋のOLブログです

カテゴリ
最新記事
お得情報
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
人気!無料!!着歌サイト!!
QRコード
QRコード
素敵空間
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。